AT?MT?今更聞けない自動車免許の種類

普通自動車免許を取得したい人応援するサイト

向き不向きもあるので考えて選びましょう。

このコラムをシェアする

毎日、教習所に通い短期間で免許を取得する

AT免許とMT免許も自動車を運転する上で必要な資格です。
気をつけてもらいたいことはAT車はMT車に比べて運転が楽なので、慣れると注意力が散漫になることです。
スマホを操作しながら運転してしまう人も多く、悲惨な事故が多発しています。
それからAT車はエンジンブレーキの効きが悪いので、下り坂ではブレーキを踏みっぱなしにしてしまいがちですが、このことでブレーキが効かなくなるフェード現象を起こしてしまい場合がありますので、気をつけなければいけません。
上手なアクセルワークを身につけましょう。
最近の自動車は性能がよく過ぎて、走行中に発生する衝撃が少なくスピードが出ているという感覚さえも感じないようです。
気がついたらすごいスピードが出ていて驚いた経験をした人も多いのではないでしょうか。
これも非常に危険なことなので性能に頼り過ぎず、五感を研ぎ澄ませ運転をしてほしいものです。

重大事故につながる行為

最も気をつけてほしいのがアクセルとブレーキの踏み間違えです。
これは必ず重大事故につながりますので、自分の運転操作に少しでも不安を感じたら運転を控えましょう。
自動車は鉄の塊、スピードが出ていなくても人にぶつかれば必ず怪我をさせてしまいます。
常日頃から注意を怠らず安全運転を心がけましょう。
ここまでAT車に多い危険をお伝えしてきましたが、安全を心がけなければいけないのはMT車も同じです。
慣れると運転が雑になります。
それと、これはMT車によくあることですが、ギアチェンジするごとにレスポンス良く走ってくれるので、レーサー気分で飛ばしてしまうこと。
峠に行ってどれだけ早いスピードでカーブを曲がれるかなんて危険な競争もやめましょう。
もし飛ばしたいと思うならば、レース場もコースも時間貸ししてくれるので、そこで思う存分、走ってもらいたいものです。
いろいろ学んで、AT免許かMT免許を選びましょう。